地震波自動処理システム

 東北大学地震・噴火予知研究観測センターでは、株式会社ホームサイスモメータ(代表:堀内 茂木)と協力して、地震波自動処理システムの研究・開発を行っています。本システムでは、全国の大学及び研究機関、気象庁、防災科学技術研究所の地震観測データを用いて、リアルタイムに地震の震源を決定しています。

震源分布図

 震源分布図は、1時間に1回更新されます。24時間以内に発生した地震を、円で示しています。地震の規模(マグニチュード)を、円の大きさで表し、地震が発生した深さを円の色で表しています。また、活火山の位置を三角(桃色)で表し、湖沼を輪郭線(水色)で表しています。

 震源分布図の地震は、人間による確認を行っておりません。地震波自動処理システムは、研究・開発を目的としており、震源決定の結果には誤りが含まれることがあります。地震の発生状況については、気象庁が発表した情報をご確認ください。

東北地方全域

hypo_tohoku

東北地方北部

hypo_tohoku-N

東北地方南部

hypo_tohoku-S